パソコンと手

SEO対策を簡単に考えていると大きなしっぺ返しを食らう?

キーボード

SEO対策は少し前までは簡単に出来る方法で検索順位の大幅な上昇が見込めたため、今でも楽観視している方も少なくありません。しかしその考えは早々に捨てた方が賢明かもしれません。SEO対策は丁寧かつユーザーのためになるコンテンツを着実に配信している良質なサイトが評価を受けるために作られました。それは当然です。もしも自分が探している情報を検索して、出てきた1ページ目の上位表示サイトが全て関係ない内容だったり、適当な内容だったら怒りすら湧きかねないですよね?
以前は被リンクを自作しサテライトサイトとして構築、そこからの相互リンクを集めることで評価を受けていると錯覚させたり、サイト内をクローラーが巡回した際に良質だと勘違いさせるような構造を作ることがSEO対策業界でまかり通っていたのです。それを大手IT企業が憂慮し、様々なアップデートを繰り替えし、今ではそういった方法は逆にペナルティの対象となることになりました。つまり今では小手先のテクニックではSEO対策は出来ないようになっているのです。
ユーザーが求める良質な内容のコンテンツを定期的に更新し、ユーザーが快適に閲覧出来るよう表示速度を改善し、ユーザーがホームページ内で関係したコンテンツを閲覧できるよう内部リンクを設置するなど、ユーザーファーストの設計をすることを心がけないと、大きなしっぺ返し食らうかもしれませんよ。

イチオシ記事

記事リスト